人狼ゲームの専門用語を覚えよう!

   2016/07/20

人狼ゲームの専門用語を覚えよう!

人狼ゲーム 専門用語 画像

こんにちは!こんにちは!東京都内でバドミントン、バレーボール、バスケなどのスポーツをしている社会人サークルJOINTです。

今回は、人狼ゲームでよく使われる専門用語について解説していきます。

人狼は、会話から情報を読み取り、推理をしていくゲームです。よって、それぞれの視点からの情報を出したり、状況を整理したり、自分の推理を話していくことが重要となってきます。

しかし人狼ゲーム初心者の方は、最初何を発言すればいいかわからないでしょう。さらに言えば、会話の中に飛び交う専門用語が理解できずに、会話を聞くだけで精一杯…そして発言できないまま処刑されてしまう、という方も多いはずです。

そこで今回は、人狼ゲームで最低限の会話についていくために、ゲーム中に使われる専門用語の解説をしていこうと思います。


スポンサーリンク



人狼ゲームの専門用語

CO

カミングアウト(Coming out)の略。
自身が持っている能力(予言者、霊媒師など)を周りに明かすことです。

吊り

昼のターンで処刑することです。
また、最終日までに吊ることができる総回数を「吊り回数」などと言ったりします。

噛む

人狼が夜に襲撃すること。

人外

人狼側(もしくは第三勢力)の役職のこと。人間側が処刑すべき対象となる人です。

騙り

人外が、役職についているとウソのCOをすること。
人外は予言者騙り、霊媒師騙りをするのが一般的。

白や◯の記号は人間であること(潔白である)という意味。
主に予言者や霊媒師に人間判定された人のことを言いますが、発言内容からも「~~さんは白いですね」などという会話があったりする。

白の反対。黒、●は人狼であること、という意味。
あなたが人狼であれ人間であれ、予言者などに黒と判定されたら身の潔白を証明しなければなりません。

パンダ

複数の予言者がいて、片方から白、片方から黒だといわれている人のことです。
村人は、どちらの予言者が本当のことを言っているかを判断する重要な材料になります。

グレー

予言者からまだ占われていない、白か黒か判断できない人のこと。
グレーの中から順番に処刑していくことを「グレラン」などと言ったりします。

ローラー

能力者を名乗る人が複数(本物は1人のみ)出ている場合に、偽物を確実に処刑するために、両方とも処刑してしまう戦法です。
どちらの能力者が本物か判断できない時に使われます。

ステルス

発言が少なく、目立たないように振舞う、または、喋らない人に使われる用語です。

GJ

グッジョブ(GoodJob)の略。
狩人(ボディーガード)が人狼の襲撃を防ぎ、夜の犠牲者が出なかったときに使われる用語です。

LW

ラストウルフ(LastWolf)の略。
人狼が最後一人の状態を指す用語です。

PP(パワープレイ)

人狼陣営の数(狂人なども含め)が村人陣営の数を上回った場合に、人狼COして人狼陣営全員で村人に投票すること。
この状態に持ち込めれば、人狼陣営の勝利が確定する。

初心者の方はこれらの専門用語を理解しておくことで、ゲーム中の会話にもついていきやすくなると思います。
しっかりと理解して、積極的に議論に入っていきましょう!

関連リンク

人狼・ボードゲームのイベントスケジュールはこちら

社会人サークルJOINTとは?

JOINTへのお問い合わせ・無料体験イベントへのお申込み

PageTop