こんなに面白い!バドミントンの魅力とは?

   2016/05/23

バドミントン 東京 社会人サークル

こんにちは!社会人サークルJOINTです。

さて突然ですが、みなさんにひとつクイズです。

日本でのバドミントンの競技人口は、スポーツ全種目の中で何番目に多いでしょうか?

 

 

 

・・・みなさん考えましたか?

正解は5位です。
(2012年スポーツ財団の調査によるもの)

この5位という順位を見て、どう思うでしょうか?

まあ普通じゃない?と思われるかもしれませんが、他のスポーツの順位を確認してみると

サッカー 7位

野球 8位

テニス 15位

バスケットボール 17位

というように、実は国民的人気を誇っているサッカーや野球よりも順位が上なんです。(ちなみに、1位は「ウォーキングや軽い体操」でした)

バドミントンは日本ではプロ制度がなく、テレビなどのメディアで露出が少ないため実感は薄いかもしれませんが、こうしてみるとバドミントンがいかに多くの人に楽しまれているかがわかります。

そこで今回は、なぜバドミントンが多くの人に楽しまれているのか、人気の理由を考えてみます。

ラリーが続けやすい

バドミントンの人気の理由のひとつに、初心者でもラリーが続けやすいということが挙げられます。

私自身、高校から硬式テニスを始めたのですが、始めてからきちんとラリーを続けられるまで1か月以上かかり、かなり苦労した記憶があります。

しかしバドミントンは1日も練習すれば初心者だけでもすぐにラリーを続けたり、試合をすることができます。

どんなスポーツでも、練習よりも試合が一番楽しい!という人が多いと思いますが、初心者でもすぐに試合にとっかかれることはバドミントンの大きな魅力なのではないかと思います。

シャトルの動き

バドミントンが他の球技と大きく違うのは、打っているのが球ではなく特殊な形をしたシャトルであること。

これにより、打つシャトルが速かったり遅かったり、高く上がったりネット前に落ちてきたりとバリエーションに富んだ動きを見せてくれます。

自分の思い通りにシャトルが打てたときの気持ち良さは、他のスポーツでは味わえない魅力であるでしょう。

スピード

バドミントンといえば、そのスピード感も魅力もひとつです。

バドミントンのスマッシュの速度は、なんと時速300km。これは人力で飛ばす物体の最高速度だそうですが、その打ち込まれたシャトルは相手に届くときには時速50kmまで減速するんだとか。

1本のラリーの中でこれほどまでに緩急が変わるスポーツも他にはなく、スマッシュが打てるとこれ以上なくスカッとするはずです!

奥深さ

バドミントンはとても奥が深い、頭脳スポーツだといわれています。

それは、バドミントンの狭いコートの中で相手から点をとるには、「ここに打ったら相手はこっちに返してくるから、それをここに打ち込もう」などと2手、3手と相手の動きを先読みして打っていく必要があるからです。

上達するにつれて、相手の予測をいかに欺けるか?というような、心理戦的な要素も楽しめるようになってくると思います。

関連リンク

TOPページへもどる

バドミントンのイベントスケジュールはこちら

社会人サークルJOINTとは?

JOINTへのお問い合わせ・体験イベントへのお申込み

PageTop