【完全版】社会人サークル・コミュニティの探し方を伝授します!

 

社会人サークルJOINT



20代・30代中心の社会人スポーツサークルJOINTです!

私たちは普段、東京都内でバドミントン・バレーボールなどのスポーツを定期的に開催しています。

直近では以下の日程などで活動しているので、興味がある人はぜひ遊びに来てください。

1/23(土) 9:30〜 バレーボール@品川区
1/30(土) 13:00〜 バレーボール@品川区
2/5(土) 17:30〜 バドミントン@品川区
2/6(日) 9:00〜 バレーボール@品川区
2/11(金) 13:00〜 バドミントン@品川区
2/12(土) 17:30〜 バドミントン@品川区
2/20(日) 17:30〜 バドミントン@品川区
2/27(日) 15:00〜 バドミントン@品川区

JOINTの全てのイベントを見る

社会人サークル・コミュニティの探し方

社会人になってから新しいコミュニティに参加したい場合、社会人サークルなどの新しいコミュニティを探す必要があります。

しかし、コミュニティといっても数が多いため、闇雲に探すのではなく、良い(=自分に合う)コミュニティを把握して探す必要があります。

今回は、

  • 社会人サークルのようなコミュニティを、どのように探せば良いのか
  • 良い社会人コミュニティをどのように見極めるのか

というポイントをお伝えします。

これから社会人サークルを探している人は、この記事の内容をぜひ参考にしてください!

社会人コミュニティ・サークルの検索方法

まず、参加する社会人コミュニティを探すための方法を5つお伝えします。

サークルブック

サークルブックは、全国の社会人サークル・チームなどの団体と、参加したい人をマッチングするポータルサイトです。

サークルブックの良いところは、

  • サークルのジャンル・地域などの切り口で検索することができる
  • サークル活動のスケジュールが掲載されており、参加申し込みなどのやり取りもサークルブック上で完結する
  • (サークルによっては)活動ブログも掲載しているので、サークルの雰囲気も掴みやすい

です。

サークルの掲載数はまだ多くありませんが、とにかく探しやすいので、まずはここで検索してみるのが良いと思います。

スポーツやろうよ

スポーツ系のサークルを探すのであれば、必ず利用したいのが「スポーツやろうよ」です。

ここの特徴は、とにかくサークルの掲載数が多いので、自分の希望する種目・地域に合うサークルが見つけやすいことです。

ただし、実質ほとんど活動していないサークルなども掲載されてしまっているので、募集ページの「最終更新日」は必ずチェックするようにしましょう。

画像

Instagram

SNSを利用してサークルを探すのであれば、Instagramがおすすめです。

サークルの写真や動画を見ながらサークルを探すことができるので、参加した際のアンマッチが起きにくいのがメリットです。

デメリットとしては、ジャンルや地域などの条件で検索しづらい点と、サークルの概要(目的、人数、参加料金など)が理解しづらい点が挙げられます。

また、SNSだけではなく、サークルブックなどの掲示板やHPを併用しているサークルがおすすめです。

つなげーと

ジャンル問わず様々なサークルが掲載されているのが、「つなげーと」です。

この掲示板の特徴は、特定の日付を指定して、その日に活動しているサークルを探すことができる点です。

例えば「2021年12月4日」で検索すると、以下のように、該当日の各サークルの活動内容が一覧で表示されます。

平日休みの人など、参加できる日が限られている人は、ここを使って探してみると良いでしょう。

検索エンジン(Google、Yahooなど)

これまで紹介した掲示板やSNSだけではなく、検索エンジンで直接サークルのHPを探しにいく方法があります。

例えば、「社会人サークル 品川区」と検索すると、JOINTのHPが上位に表示されてきます。

掲示板を探すよりも非効率に思えるかもしれませんが、HPを持ってるサークル(比較的しっかりしていることが多い)を直接探すことができるため、有力な方法の一つです。

各掲示板を探してもよいサークルが見つからない場合、検索エンジンを活用してみましょう。

社会人コミュニティ・サークルを見極めるためのポイント

続いて、参加するべき社会人サークルなどのコミュニティを見極める方法についてお伝えします。

「まずは参加してみて、自分に合うかどうかを判断する」という考え方も大事ですが、ただ闇雲に参加しても、精神的・時間的に消耗してしまいます。

まずは、以下の観点で一定の基準を設け、サークルを見極めてから参加することをおすすめします。

目的やレベル

大前提ですが、参加するサークルの目的(スポーツ系であれば、チームのレベル)を確認しておきましょう。

サークルによって、ただゆるく活動しているだけなのか、大会勝利を目指して活動しているのかで、雰囲気は大きく変わってきます。

チームによっては、「バレーボール経験3年以上の方」などの参加条件がついていることもあるので、必ずサークル概要を確認しておきましょう。

年齢層

コミュニティ選びでは、年齢層(同年代の人がどれくらいいるか)を確認することが大事です。

幅広い年齢層と交流できるのもサークル参加の魅力かもしれませんが、結局仲良くなりやすいのは、同年代(自分の年齢 ±3歳くらい)です。

例えば、募集要項に「10〜50代まで幅広く在籍」と書かれているサークルを見かけますが、このようなサークルはあまりおすすめできません。なぜなら、同年代の人に会える確率が高くないからです。

逆に「25〜30代前半まで在籍」のように、参加している年代が絞られているサークルはおすすめです。

活動頻度

活動頻度はサークルによってまちまちですが、多ければ多いほど良いです。最低でも、月に2回は活動しているサークルを選びましょう。

それ以下だと、自分が予定が合わなかったときに、ほとんど参加できないことになり、サークルと疎遠になってしまいがちです。

規模

サークルの規模も、サークル選びの重要な指標です。

規模といっても「何人所属しているか」ではなく「毎回の活動に、何人参加しているのか」が重要です(これはサークル運営者に問い合わせたり、実際に参加しないとわからないかもしれません)。

よく募集要項に「サークルメンバー400名突破!」と記載されているのを見かけますが、実態は、累計参加人数が400名なだけで、毎回数人しか集まらないサークルというのもよくある話です。

また、規模は大きければ良いというものではありません。

何回参加しても顔見知りができない(毎回参加する人が違う)サークルは、コミュニティというよりも、街コンなどのイベントに近いです。

サークル運営が安定していて、かつ仲良くなりやすいのは、おおよそ40〜100名くらいのサークルだと思います。

活動年月

活動年月が長いサークルほど良いというわけではないですが、活動開始して間もないサークルはあまりおすすめできません。

そのようなサークルは、運営方法が固まっておらず、活動場所を確保できなかったり、サークルが自然消滅してしまうこともあります。

団体名が決まっているか

掲示板でいろいろなサークルを見ていると、チーム名(団体名)がどこにも載っていないチームがあります。

団体名の記載がない

このようなサークルは、ネットワークビジネスなどの勧誘を目的に運営している可能性が非常に高いです。

このような団体がチーム名を載せないのは、SNSや掲示板などで、悪評が書かれることが分かっているからです。

健全に運営されているコミュニティは、必ず、特定の名前を持っています。コミュニティ内で長期的な人間関係を築きたいのであれば、チーム名がないところには参加しないことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事が、少しでも皆さんのサークル探しの助けになれば幸いです。

私たちJOINTは、東京都品川区を中心に、初中級者向けのスポーツ(バドミントン、バレーボール)を毎月10回程度活動しています。

メンバーの平均年齢は20代後半。毎回15〜20名ほどのメンバーが参加しています。

興味のある方は、ぜひJOINTの活動をチェックしてみてください!

関連リンク

JOINTのイベントページを見る

社会人サークルJOINTとは?

JOINTへのお問い合わせ・体験イベントへのお申込み

PageTop