社会人サークルを選ぶためのポイントまとめ

 

[promotion]

社会人サークルを選ぶためのポイントまとめ

社会人サークルを選ぶにあたって、チェックするべきポイントをまとめました。
これから社会人サークルを探す人は、以下を参考にしてみてください。

サークル目的・活動内容

サークルに参加するにあたって、最初に、そのサークルの目的と活動内容を確認するようにしましょう。

例えば、スポーツ系のサークルでは、
大会優勝を目指しているサークルか、毎週ただ楽しくプレーしているサークルかで、雰囲気・普段の活動内容は大きく変わってきます。

この点は、必ずサークルのHPや掲示板をチェックするようにしてください。

もし掲載されていないようでしたら、サークル管理者に問い合わせてみましょう。

余談ですが、初心者がスポーツサークルを選ぶなら、バドミントン、フットサル、バスケなどの種目がおすすめです。

年齢層

サークルメンバーの年齢層も重要です。

募集要項に「10〜50代まで幅広く在籍」と書かれているサークルを見かけますが、実際に参加しているのは、ほとんど50代のメンバーだったりもします。

「年齢関係なく」といっても、結局、馴染みやすいのは同年代が多いサークルだと思います。

実際に参加している人の年齢層(平均年齢)も事前に確認できるようならしておいたほうが良いでしょう。

活動頻度

活動内容にもよりますが、できれば、定期的に月2回以上活動しているサークルをおすすめします。

それ以下だと、自分の予定と合わなかった時に、ほとんど参加できないことになり、活動に行けていない間に、なんとなくサークルから離れてしまっていた、という事態になりやすいです。

また、活動頻度が少ない場合、いつの間にかサークル自体が自然消滅しまうこともあります。

逆に、ある程度の頻度で活動しているサークルでも、「月●回以上は参加必須」となっている場合があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

イベント単発型 or コミュニティ型

社会人サークルは、大きく「イベント単発型」と「コミュニティ型」に分かれています。

イベント単発型は、街コンのようなイメージで、一回のイベントごとに、毎回参加者が変わるタイプ。

逆に、コミュニティ型は、学生の部活やサークルのようなイメージで、毎回顔なじみが参加するタイプです。

例えば、「社会人サークル」と検索して出てくるような大手サークル(アッシュ、NewDay、Judy、JAMなど)は全てイベント単発型のサークルです。

新しい出会いを毎回求めたい人は単発型、サークル内でより深い人間関係を形成したい人は、コミュニティ型に所属するのがおすすめです。

自分が参加するサークルが、どちらのタイプなのかは見ておいた方が良いでしょう。

サークル規模

そのサークルがどのくらいの規模かというのも重要な指標です。
あまり少なすぎると、活動が継続できない場合もあります。

特に人数がある程度集まらないとできないもの(草野球やフットサルなど)は、事前に規模を確認しておく必要があります。

また「何人所属しているか」ではなく「毎回の活動に、何人参加しているのか」が重要だということを忘れないようにしましょう。

その他

個人的には、上記の観点以外に「サークルのHPが存在するか」もチェックすることをおすすめします。

サークルのHPがある場合、サークル運営のために手間暇をかけて準備しているということなので、大体しっかりと運営されているサークルだと思って良いでしょう。逆に、HPがなく掲示板だけで募集をしている場合は注意が必要です。

特に、サークル名の記載がなく「仲間を募集中」とだけ書かれているサークルには参加しないことをおすすめします。(ネットワークビジネスなどの勧誘の可能性が高いです)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事が、少しでも皆さんのサークル探しの助けになれば幸いです。

私たちJOINTは、東京都品川区を中心に、初心者向けのスポーツ(バドミントン、バレーボール)を毎月10回程度活動しています。

メンバーの平均年齢は20代後半。

毎回15〜20名ほどのメンバーが参加している、コミュニティ型のサークルです。

興味のある方は、ぜひ一度活動にお越しください!

関連リンク

JOINTのイベントページを見る

社会人サークルJOINTとは?

JOINTへのお問い合わせ・体験イベントへのお申込み

PageTop